MENU

※おすすめの転職支援サービスの詳細はコチラ!※


 ▼完全無料!転職成功実績NO.1▼


リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職業界で知名度・人気ナンバーワンの転職エージェントです。日本国内に全部で15か所に拠点がありますので、自宅から近くの拠点で面談できます。
業界最大手の転職エージェントなので、転職を成功させたいならあなたも必ず登録しておきましょう!

type転職エージェント

type転職エージェントは首都圏のみの対応となっていますが、全ジャンルに対応している転職エージェントです。サポートが非常に丁寧でひとりひとりに満足度の高いサービスとなっています。首都圏で転職するなら必ず登録しておいてください。

パソナキャリア

パソナキャリアは派遣で有名なパソナグループが運営する転職エージェントです。転職成功者の67.1%が年収アップにも成功しており、かなり有力な転職エージェントといえます。こちらのサービスにも必ず登録しておきましょう!

良い転職エージェント、困った転職エージェントの見抜き方

 

転職エージェントの質が転職の成功を左右する?

 

転職希望者にとって、転職エージェントが頼りになるかどうかはとても大事です。

 

転職エージェントの担当が良い人であれば、
一生ものの企業に入社できるのですから、まさに人生がかかっています。

 

しかし転職エージェントも玉石混合でして、
自社利益しか考えない企業として問題がある転職エージェントや、
自分の都合を押し付けがちな担当も存在しています。

 

求人企業は高いコストをかけて転職エージェントや転職サイトに広告を載せてもらっているのですが、
転職エージェントは良い人材を企業に紹介して転職させることで、紹介料を得ています。

 

もしも求人企業からオファーのあった良質の人材を期限までに企業に紹介できなかったら、
転職エージェントも営業していけなくなってしまいます。

 

ですから転職エージェントはここぞと目をつけた転職希望者には、
客観的に見てあまり向いていない企業を紹介したり、強引に面接の日取りを設定したりしがちです。

 

自社利益中心で考えている転職エージェントに限って、
自社に多くの広告料や紹介料を払ってきた実績のある企業を、転職希望者に優先的に勧めると言われます。

 

しかしこういう転職は、人材と企業のミスマッチが起こりがちであるという問題があります。

 

強引かつ一方的な企業紹介をする転職エージェントは、
転職希望者に対して、根拠を示さないで特定の企業をしつこく勧めてくる傾向があります。

 

若いキャリアコンサルタントが
「絶対に〇〇さんに合う会社です」「入社すれば納得できます」と言ってきたら、
すかさずその根拠を質問してみるとよいでしょう。

 

「その企業のどういう点が、私のキャリアに向いていると思いますか」等です。

 

転職希望者の話を聞かないキャリアコンサルタントはまず警戒したほうがよいです。

 

自社利益至上主義の転職エージェントは、転職希望者の適性やキャリアゴールなどよりも、
自社の達成した数字や紹介料に目を向けています。

 

そのため転職希望者が対面して話をしていても、
どうも話が上滑りをして、一般論や企業のPRに走りがちです。

 

個人面談の時間が30分以下の転職エージェントはもしかしたら困ったエージェントかもしれません。

 

運悪くそういう転職エージェントに当たってしまったら、
さっさと他社の転職エージェントを当たるべきでしょう。

 

自社利益やノルマばかり気にする困ったエージェントの
おすすめされるがまま、言われるがままに転職することだけは避けましょう。

ホワイト企業に就職して幸福になる方法とは?

求人票をよく読んで、採用担当の本音を想像しよう

 

ブラック労働が嫌だから転職したい、そう考える男女は大勢います。

 

転職をするのなら、ブラック会社かホワイト会社か事前に見抜けるようになっておく必要があります。

 

新卒のころは「大企業がホワイト、中小零細がブラック」だと
考えていたかもしれませんが、そういうものでもないのです。

 

事前に企業研究をしっかり行うことで、転職の失敗は予防できます。

 

求人サイトを利用する人が多いですが、求人広告はしっかりチェックを。

 

「実力しだいで…」とか「社員の頑張りに報いる」といった言葉が並んでいる会社は、
過酷な勤務状態の所が多いとも言われます。

 

賃金形態が「歩合」とか「成果報酬」と書いてある場合はさらに要注意です。

 

厳しい個人ノルマや、超長時間労働を強いられる職場は
往々にして「やりがいがある」とか「会社と社員がともに成長する」といったフレーズを求人に用いるようです。

 

ノルマが達成できなかったら基本給から減額されるとか、
土日も出勤して月数十時間もサービス残業をさせられるような会社かもしれません。

 

同様に「基本給がいくらなのかよく分からない求人企業」も避けた方が無難でしょう。

 

酷い会社になると、月収15万〜40万円といった数字が並んでいて、
「実力次第でどんどん給与が上がる」ということは、
実力が無いと会社に査定されたら給与が暮らしていけないほど低いケースもありえます。

 

前職においてものすごい経歴・実績があるのならともかく、
通常の中途採用では入社前に熟考したほうがよいでしょう。

 

求人広告の条件は入念に確認をしましょう

 

サービス残業を強いられる環境は誰でも嫌ですので、

 

残業はどのくらい発生するか?

 

<strong>残業代はどのように計算されているのか?

 

確認をしましょう。

 

初任給が高めに設定されている会社でも、サービス残業が多い会社かもしれません。

 

ひどいケースですと、18時が終業なのに、22時以降からしか残業代が発生しないというルールの会社もあります。

 

「みなし残業」というルールが存在していないかどうか?事前にチェックを入れるべき点です。

 

22時になっても仕事が終わらない可能性が高い会社が、
この「みなし残業ルール」を採用していることが多いです。

 

ブラック企業を見抜くポイントは数多くあり、指南書も多く出版されています。

 

基本としては求人票や転職サイトの広告や企業案内をよく読みましょう。