MENU

※おすすめの転職支援サービスの詳細はコチラ!※


 ▼完全無料!転職成功実績NO.1▼


「未経験可」という求人票の文言はそのまま信じてはいけない理由

実務経験が無い人が陥りがちなワナとは?

 

転職を思案しているなら、「これまで経験したことがない職種や業界に入りたい」と考えている人は多いでしょう。

 

業界や職種に経験が無い場合は採用において不利になりますから、
どうしても「未経験者可」というこだわり条件で検索しがちです。

 

しかし求人票に「未経験者可」と書いてあったからといってその文言を自分に都合のよいように考えると後で後悔することになります。

 

通常は経験者を好んで採用するはずなのに、
なぜ未経験者でも良いと会社が言っているのか、その理由を想像してみましょう。

 

考えられる理由のひとつとしては、その会社は人手が足りなくてせっぱつまっているのかもしれません。

 

ブラック労働を強いるために離職率が高いとか、ノルマがきつすぎて回転ドアのように労働者が入れ替わるような職場だと、
労働者を確保するために会社が「未経験者可」「高待遇」と書いているだけかもしれないのです。

 

会社四季報などで同業他社と離職率や社員平均年齢について調べてみましょう。

 

他に考えられる理由としては、企業の体質とか経営理念が変わっていて、
何も知らない社員を“洗脳”したがっている会社かもしれません。

 

どこの業界でも通用する「即戦力」などよりも、
言われたことは何でも素直に吸収してしまうロボットのような人材を欲しがっているのでしょう。

 

既卒、第二新卒、中途採用といった不利な条件の人をターゲットに採用しているのですから、自社の色に染め上げたいのでは。

 

「未経験者可」の採用を実施している企業が全部怪しい企業ではなく、
高度なリテラシや資格が求められるので、経験者の数が雇用市場に慢性的に不足しているから、
未経験者に対しても門を拓いているケースもあります。

 

しかしこういう会社は本音としては、資格があってなおかつ実務経験が豊富な人を採用したいのですから、
未経験者可だからといってエントリーしてもライバル次第であえなく落とされる危険性も高いです。

 

「未経験者可」で求人している会社の思惑は様々で、人手不足から未経験者を募集しているケースを除き、
未経験者と経験者が同じ土俵で争った場合は未経験者は不利になることが多いのです。

 

ですから未経験の職種や業界に転職したいと思うのであれば、
なぜ未経験なのにその職に応募したいと思ったのか?

 

説得力のある理由を用意する必要があります。

 

経験者以上にその会社に関心を持っていることを伝えましょう。

 

転職エージェントのランキングの詳細はコチラ