MENU

※おすすめの転職支援サービスの詳細はコチラ!※


 ▼完全無料!転職成功実績NO.1▼


転職希望先は経理職!どんなスキルを身に付ければいいの?

簿記を習得することが、経理職には必須

 

事務系の職種を転職先として希望する人は多くいますが、
数ある事務職の中でも経理職に関しては、ちょっと特殊なスキルが必要となります。

 

一般的なパソコンの操作や、ある程度の社交力があることはもちろんのこと、経理職として「経理」の技術が求められるのです。

 

すなわち、簿記に関する知識を求められることになるでしょう。

 

それは、新卒で就職する場合もそうですが、
転職として経理職を希望する場合にもなおさらのことです。

 

特に転職の場合は実務経験を重視する傾向にありますから、
簿記の資格を持っており、実務経験が豊富な場合は、管理職として転職することも可能です。

 

では、簿記の資格を持っているけれども、実務経験がない場合には転職できないのでしょうか?

 

いえ、決してそのようなことはありません。

 

たしかに実務経験はプラスの要素として働きますが、
きちんと簿記の資格を持っている場合、応募できる企業も数多くあります。

 

とはいえ、簿記難易度によって評価に差があります。

 

簿記3級程度であればそんなに評価されないかもしれませんが、
簿記1級を持っているのであれば、高く評価されることでしょう。

 

そのほかに必要な技術などはあるの?

 

また、経理職に転職しようとする場合、簿記の知識だけでは足りません。

 

実際に業務を行うにあたってなによりも重要になるのが、エクセルの技術です。

 

日常的な仕訳や計算はエクセルを使って行うことが一般的であり、
関数などを使用してお金の計算ができることは、もはや経理職にとって必須とスキルとなっています。

 

もちろん会社の中で就職した際に研修を受けられるところもありますが、
基本的なエクセルのスキルはやはり自分でも勉強する必要があります。

 

一般的な紙資料を作るのとはわけが違い、表計算の場合は様々な関数や、マクロまで必要になることがあります。

 

転職希望の方は、そうした技術や知識を身に着けておくことが重要です。

 

もっとも、これまでエクセルの知識がないという人も心配ありません。

 

ハローワークや、あるいは転職支援サイトなどでは
資格取得を支援していることもあり、エクセル講座を無料で提供しているところもあります。

 

転職すると、これまでとは全く違う環境で働くことになります。
即戦力で働けるよう、必要なスキルはできるだけ転職活動中に身につけるようにしておくことが、重要ですね。

 

トップページに戻る