MENU

※おすすめの転職支援サービスの詳細はコチラ!※


 ▼完全無料!転職成功実績NO.1▼


アパレル業界の面接・説明会にはどんな服装にするべきか

 

服装は相手に対していい印象も悪い印象も与えてしまいます。
面接や説明会など、1発勝負の場所ではなおさら服装が合否を左右する理由の1つになります。

 

一般企業では、面接時には基本的にスーツを着用します。
企業によっては「軽装でお越しください」と言われる場合もありますが、
オフィスカジュアルまでに止めることが正しい服装のチョイスと言えます。

 

しかし、アパレル業界では「私服でお越しください」とあえて私服をしてする企業が最近は増えています。
これには「就職希望者のファッションセンスを見るため」という理由があります。

 

そうなると面接時の服装選びの難易度が急激に上がり、冒頭でお伝えした「服装が合否を左右する」状態になります。

 

「私服でいいなら普段着で…」などと安易に服装を決めてしまうと不採用にもなりかねないアパレル業界。

 

面接や説明会時の正しい服装選びについてご紹介します。

 

アパレル業界の面接・説明会でNGな服装

 

いくら「私服OK」といっても、あくまで「面接」「説明会」であることを忘れてはなりません。
面接官や企業へ敬意、配慮を持った服装でなければなりません。

 

普段出かけるような服装は当然NGです。
部屋着なんてチョイスしたらもっとNGです(笑)。

 

また、「おしゃれなら何でもいい」わけではないので、
高価なヴィンテージ物であっても古着やサンダル等、カジュアルすぎるものは避けましょう。
当然、本当に汚れてる服は絶対NGですよ!笑

 

さらにその企業のライバルブランドも避けた方が無難です。
そのライバルブランドがどこか分かりにくいケースもありますので、念入りに下調べをするためにも余裕を持って情報検索した方がいいかもしれません。

 

このように「NGな服装」は多いので、「面倒だからスーツでいいや」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
私服ではないのでスーツもNGです。

 

面接官が見たいのは応募者のファッションセンスやアパレルに対する思い入れです。

 

そのための「私服で来てください」なのに、スーツを選んでしまっては面接官の要望に応えていないことになります。
また、「あまりアパレルに興味関心がないのかな?」とも思わせてしまうのでスーツを選んではいけません。

 

アパレル業界の面接・説明会でお勧めの服

 

上記を踏まえて、アパレル業界の面接、説明会に着ていくのにおススメの服装は、「NGな服の真反対」です。

 

つまり、カジュアルすぎないことが最も注意する点です。
加えて、清潔感があり、かつファッション性の高い服装を選ぶようにしましょう。

 

さらにより印象を残すためには、受ける企業のブランドのイメージにあった服装を選ぶとより効果が高いです。

 

一番簡単な方法はそのブランドの服を着ることです。

 

しかし、持っていないのにわざわざ新品を購入する必要はありません。

 

手持ちのアイテムの中から、アパレルブランドのイメージに合った服装を選択しましょう。

 

ただし、これはあくまで身だしなみの注意点です。
身だしなみだけで合格するわけではなく、あくあで評価の1つの項目であることも忘れてはなりません。

 

面接対策の基本である言葉遣い、態度、必要な知識を身に着けて面接や説明会に臨むことが大切です。

 

トップページに戻る