MENU

※おすすめの転職支援サービスの詳細はコチラ!※


 ▼完全無料!転職成功実績NO.1▼


書類選考通過のために!採用担当者に好印象を与える履歴書・職務経歴書の書き方

 

転職活動において重要度が高いものと言えば
思い浮かぶものは「面接対策」ではないでしょうか。

 

しかし、その一歩手前の「書類選考」も重要なポイントです。

 

「書類選考」で不合格になってしまったら面接さえ受けさせてもらうことはできません。

 

そこで、書類選考を通過するために
必要な履歴書・職務経歴書の書き方のコツをご紹介します。

 

採用担当者に好印象を与えるコツを覚え、
あなたの魅力が伝わる応募書類を作成し面接へと繋げましょう。

 

採用担当者に好印象を与える履歴書のコツ!上手な志望動機を書こう!

 

履歴書にはフォーマットが存在します。

 

そのフォーマットに沿って記入することが第一条件です。

 

その際、注意する点は「志望動機」です。

 

採用担当者はこの「志望動機」に注目をするからです。

 

しかし、履歴書に書き込める志望動機には限界があります。

 

長すぎても読みにくくなりますし、短すぎるといい印象を与えません。

 

そこで、履歴書には簡潔かつ明快に、具体性をもってその業界、企業を志望する理由を書くようにしましょう。

 

情報収集をきちんとし、企業の魅力や求める人材像に
フィットさせた内容にするとよりいいでしょう。

 

面接時には口頭質問で志望動機をまず聞かれるので、
そのときにより深く伝えられるように情報収集は徹底して行いましょう。

 

採用担当者に好印象を与える職務履歴書のコツ!見やすさとアピールポイントを意識!

 

職務経歴書は履歴書と違い、フォーマットがありません。

 

必要事項の記入がされていればレイアウトは問われない自由な書類なのです。

 

だからこそ、書き方には注意が必要です。

 

パッと見で読みにくいもの、長すぎるもの、
誤字脱字が多いものは当然悪い印象を与えます。

 

このような状態では、目を通す前に「不採用」となってしまいます。

 

採用担当者の見やすさを意識して、要約や見出しをつけ、
職種・年数・仕事内容のカテゴリ分けを意識して簡潔に仕上げるように心がけましょう。

 

仕事内容は実績や自己アピールも含めて記述する必要があるため、より文章表現にはこだわりましょう。

 

さらに、退職理由についてもきちんと記載しておくとポイントが高いです。

 

その理由が採用担当者にとって納得できるものであれば、
退職理由や転職歴がマイナスに作用することを未然に防ぐことができるからです。

 

経歴を書く順番は、職務経歴は「時系列順」に書いていくことが基本です。

 

しかし、ケースに応じて見やすい形にして問題ありません。

 

1つの経歴が長い場合は直近の経歴から遡る形で記入する「逆年代順」の方が読みやすい場合があります。

 

キャリア年数が長かったり、特定分野のスキルをお持ちの方は、「キャリア順」がオススメです。

 

これは最もアピールしたい経歴を中心に書き、
他の経歴を簡潔に短くまとめることでアピールしたい経歴に目を向けやすくする書き方です。

 

職務経歴書にはその職歴によって培った経験や知識、
能力を3〜5点に絞って記載することも大切なことです。

 

応募先の企業に必要とされているスキルや経歴をピックアップしてアピールすることも効果的です。

 

転職エージェントのランキングの詳細はコチラ