MENU

※おすすめの転職支援サービスの詳細はコチラ!※


 ▼完全無料!転職成功実績NO.1▼


転職を考えている人がもっとも多くなる年代は20代です。

 

 

 

20代というのはキャリア形成を考えたうえでも
大切な時期と言えます。

 

それと同時に新卒で入社したものの、
本当に自分のやりたいことがこの会社で実現できるのかと
自問自答を繰り返す時期でもあるのです。

 

社会経験の無い中で企業に就職するのですから、
そのように思ったことと違うということで違和感を感じる人はたくさんいます。

 

その経験をこれからの人生に活かす人もいれば、
ギャップに戸惑い新天地を求める人も少なくありません。

 

また、転職を後押しする材料として
20代の柔軟な頭を企業側が求めているという現実もあるのです。

 

第二新卒という言葉がありました。

 

新卒という言葉から人材を企業が
育てる責任があるのも事実です。

 

一方で転職というのは企業にとっても、
ある程度の社会的マナーは習得しているということで
需要が高いのも事実なのです。

 

20代と言えばこれからのキャリア形成にも十分な時間があります。

 

企業に就職したという潜在能力の高さも評価のポイントとなります。

 

なによりも新卒や第二新卒と
比較しても社会経験があるのも大きいです。

 

20代前半、20代後半でも企業の取り扱い方も変わってきますが、
20代後半でも十分に需要があると考えていいでしょう。

 

また、需要に対して相反していることですが、
20代の転職者に不足しているのが実績です。

 

企業が転職者に求めているのが即戦力ということを考えると実績不足は、
雇う側にとってはリスクが伴うことは否めない事実なのです。

 

転職を希望する20代の人にとっても前職で
輝かしい実績は望むべくもないでしょう。

 

職務経歴書においても書くことがないので
その点で悩む人も少なくないと言えます。

 

若い20代の転職者の需要が多いとはいっても、
実績がない転職希望者を見る目は
意外と厳しいというのも十分に考慮したいところです。

 

20代の転職については、キャリアや実績というものはないに等しいですから、
転職元に就職した実績・・これは厳しい就職戦線を勝ち抜いたというアピールになります。

 

他には学生時代にスポーツで培った体力や
多彩な趣味などもアピールするには十分だと思います。

 

そして、企業が即戦力を求めていることを加味して
自分自身の潜在能力を十二分にアピールしたいところです。

 

新しいことへのチャレンジ精神など積極性など、
とにかく自分自身にまだまだ伸びしろが十分にあることをアピールするようにしましょう。

 

実績がありませんから、
入社後のことを見据えた転職活動が大切なのです。

 

特に、経験不問を募集要項にあげている企業は
転職者の考え方をとても重視しています。

 

その点をしっかりとアピールするのが効果的です。

 

仕事を続けながらの転職活動、あるいは仕事をきっぱりとやめての転職活動など、
方法は様々ですが、就職活動と転職活動は明らかに違いますので、
まずは考え方から改めていきましょう。

 

面接対策などは頭をしっかりと切り換えて
柔軟に対応できるようにしたほうがいいです。

 

初めての転職の場合はすぐに就職と違うということがわかると思います。

 

そこで不安になることも多いと思いますが、
助けとなるのが転職エージェントの転職サイトです。

 

ここでは無料サポートを実施しているので活用してもるといいでしょう。

 

転職に対しての様々なアドバイスを聞くことができますし、
対策などもばっちりと伝授してくれるので
転職が初めてという人でも大きな力となってくれます。

 

トップページに戻る