MENU

※おすすめの転職支援サービスの詳細はコチラ!※


 ▼完全無料!転職成功実績NO.1▼


職歴なしから正社員採用へ!職歴のない人の転職成功への正しい戦略

 

卒業後に夢や何らかの事情があり、正社員として働かずにアルバイト生活。

 

若い頃はそれでよくても、ある程度年数が経つと将来に不安を感じ、
「やっぱりきちんと就職したい」と考える20代後半から30代の方の意外と少なくないのではないでしょうか。

 

就職が不利になりつつ年齢であり、これまで正社員として働いた経験がなしとなると
就職は狭き門として一般的には捉えられています。

 

しかし、きちんと作戦を立て、正しい戦略の元で就職活動を行えば決して無理な話ではありません。

 

実際にそのような状況でも希望する企業に就職した人もいらっしゃるのです。

 

今回はそんな職歴がなく、正社員の道を諦めている方に
転職成功に向けた正しい戦略をご紹介します。

 

職歴のない人の就活方法!専用の転職エージェントを利用しよう!

 

20代前半や職歴のある人と比べるとどうしても不利になってしまう
非正規雇用歴の長い20代後半以降の人は、
通常の就職活動方法ではなかなか採用をもらえないかもしれません。

 

そこで、転職エージェントを利用することをオススメします。

 

転職エージェントといっても、職歴を持つ方を対象とした転職エージェントではなく、
既卒者やフリーター向けの転職支援サービスを提供しているエージェントを利用しましょう。

 

「ハタラクティブ」「ジェイック」「第二新卒ナビ」などで活動している転職エージェントは、
フリーターや職歴の浅い人を対象に、正社員として就活を成功に導くことを前提として活動を行っています。

 

ですから、職歴のない人でも正社員として採用するという案件を多く保有しており、
採用に至るまでのサポート(履歴書作成・面接のアドバイス・企業との交渉)を行ってくれます。

 

無料での説明会やセミナーを開いている場合もあるので、
まずこのようなサービスを利用してみることをおススメします。

 

職例のない人の面接対策!職歴のない部分の理由をきちんと説明できるようにしよう!

 

職歴のない人にとって、就職活動における最難関は面接です。

 

一般的には「卒業後数年間無職で過ごしていた」となるわけですから、
面接でこの部分は必ず問われる事柄の1つです。

 

「卒業後の空白期間は何をしていたか」
「なぜ空白期間があるのか」
「なぜ、今、就職しようと思ったか」

 

などの質問がされるはずです。

 

これらの問いかけに対し、後ろめたい気持ちを抱えることなく、
はっきりと答えられるよういうべきことをまとめておきましょう。

 

明確に答えられず、動揺したり、しどろもどろになってしまうと
面接官に悪い印象を与えてしまいます。

 

「採用してもすぐ辞めてしまいそう」という印象を与えないためにも、
多少の誇張表現や後付けの理由であったとしても、
堂々と答えることが最優先なので、
きちんというべきことを詰めて考えておきましょう。

 

「新卒を対象とした就職活動では失敗してしまいましたが、空白期間にアルバイトを一生懸命行う中で自分を磨き、
自分自身と向き合い続け、今なら正社員としてやっていけると自信を持てるようなり、就職活動を始めました。」

 

このように、誠意ある言葉を堂々とした姿勢ではっきりということで
面接官にいい印象を与えることに繋がるのです。

 

転職エージェントのランキングの詳細はコチラ