MENU

※おすすめの転職支援サービスの詳細はコチラ!※


 ▼完全無料!転職成功実績NO.1▼


転職エージェントの活用の基本!複数社の併用で希望の会社を見つけよう!

 

転職エージェントを上手に活用することは転職活動においてとても重要なことのうちの1つです。

 

当サイトでは様々な転職エージェントの情報を掲載しています。

 

これらの情報を参考に、希望を叶えてくれる転職エージェントを選びに役立てていただけたら幸いです。

 

転職エージェント上手に活用するための基本は「複数社の併用」です。

 

今回は、転職エージェント活用の基本「複数社の転職エージェントの併用」について、その理由をご紹介していきます。

 

転職エージェントによって取り扱う求人内容が大きく異なる

 

転職エージェントとは、企業と労働者をマッチングするサービスを提供しており、簡単に言うと仲介業者です。

 

仲介業者というと様々な業種がありますが、
パッと思いつくのは不動産ではないでしょうか。

 

不動産の場合、空き物件の情報は複数社で共有されています。

 

ですから、仲介業者によって若干の違いはあるものの、さほど差は生じません。

 

しかし、転職エージェントの場合はこれとは違うのです。

 

転職エージェントは求人情報が共有されていないため、会社によって求人情報の内容に大きな差が生じるのです。

 

ある会社の求人情報が「転職エージェントA社にはあり、B社にはない」ということがざらにあるのです。

 

さらにそのほとんどが非公開求人なので
実際に転職エージェントを利用しないことには
希望する会社の求人があるのかが分からない仕組みになっています。

 

ですから、希望にマッチする会社の求人情報を得るためにも
複数社の転職エージェントを併用することが、あなたにぴったりの転職先を見つけるためには必要になるのです。

 

転職エージェントは複数登録→1社に絞ることがベスト!

 

複数の転職エージェントを選び、いざ転職活動スタート。

 

しかし、これだけで転職活動がうまく行くわけではありません。

 

あなたの転職活動の成功のカギを握るのは、
担当になったキャリアアドバイザー(以下、CAと略します)です。

 

転職支援サービスにより求職者に情報提供をしてくれるのはCAなのです。

 

ですから、このCAにより転職活動は大きく左右されてしまうのです。

 

CAとの相性が悪かったり、CA自身があまりやる気がない方だったりした場合、
そこに費やした時間がすべて無駄になってしまうのです。

 

つまり、転職エージェント選びがうまく行っても、
CAによってその後の活動の成否が大きく左右されるということなのです。

 

厳しい言い方をすると、質の悪いCAが担当になった場合は転職活動の失敗なのです。

 

各社のCA変更依頼は申し出ることで受け付けはしてくれますが、1
社を利用する場合と複数社を利用する場合で
自分に合ったCAと出会える確率はどちらが高いかはお分かりいただけると思います。

 

ですから、転職エージェントは複数社の併用が基本となるのです。

 

少なくとも2,3社は転職エージェントに登録をし、メールや電話などでやりとりをする中で
複数社の中で1つでも自分とマッチしたCAと出会うことができれば、
その後の転職活動をそのCAの方に任せていけばいいのです。

 

また、転職エージェントの規模によっては、
少数のCAで多数の求職者の対応を行っている場合もあるため、
レスポンスが遅い転職エージェント会社も実際にあります。

 

この情報は活用してみないと分かりえない情報でもあるので、
このような対策としても複数社を併用することで
転職活動をスピーディーに進められるようになるのです。

 

つまり、最初から1つの転職エージェントに絞って活動する必要はなく、
複数社に登録し、ある程度活用していく中で、転職エージェント自体をふるいにかけ、
最終的に1本に絞るという形を取ることが最善なのです。

 

最初に選んだ1社がベストマッチな転職エージェントであり、CAであるケースは可能性としてかなり低いです。

 

手探りで活用しながら、徐々に1つに絞っていく。

 

遠回りのようで、1つずつ時間をかけていくことが結果として
希望の転職先と出会う近道となるのです。

 

転職エージェントのランキングはこちらです。