MENU

※おすすめの転職支援サービスの詳細はコチラ!※


 ▼完全無料!転職成功実績NO.1▼


不採用になった企業への再応募はOK?不採用から再チャレンジするときに注意すること

 

転職活動中に応募した企業で、書類選考を通過できなかったり、
面接で不採用になってしまったりした場合、次の転職先を探して転職活動を続ける方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、とても魅力的な条件で「この企業がいい」と不合格になった企業への未練を持つ人もいることでしょう。

 

このような場合、もう一度応募することはできるのでしょうか。

 

企業側の心象を悪くしないか心配という方に、
一度不採用になった企業へ再応募する際の注意点をご紹介します。

 

再応募は企業の意向によって可能!諦めたら道は閉ざされる!

 

再応募に関しては募集をしている企業の意向により可否が問われます。

 

その企業の募集要項の中に
「過去3年以内に自社の選考を受けている場合は応募不可」等の但し書きがある場合は、
記載されている期間内の再応募は不可能です。

 

これは、企業側が採用する条件に含まれるため、
前回の応募で面接まで行っていたとしても、書類選考で不採用と判断されてしまします。

 

逆に言えば、企業側の条件にそのような規定がなく、
前回の選考から一定期間が過ぎている場合は再応募可能と考えていいです。

 

「何回か再応募したのに採用されない」という場合は、
「再応募」だからではなく、不採用となった理由を他に探してみましょう。

 

同じ書類で応募をしたり、企業の理解度が低かったりと
採用基準に達するための工夫が見られないことが不採用の理由となっている場合が多いのも事実です。

 

再応募で採用を勝ち取るために!自分自身を見つめなおそう!

 

再応募で採用を勝ち取るためには、まず自分自身を振り返ることが大切です。

 

なぜ前回は不採用だったのか、情報収集で足りないことはなかったかなど、
面接前の自分を見つめなおしましょう。

 

スキル不足や経験不足であれば、
それを満たすべき行動を起こさなければ採用になることはありえません。

 

しかし、自分を見つめなおし、時間をかけてでも企業側が必要とするスキルや知識、経験を積みながら
企業の理解度を高めた上で改めて応募するのであれば、企業にその熱意や想いが伝わる可能性が上がります。

 

そう感じ取ってもらえる行動をすることで、前向きに検討してくれる可能性は高まることでしょう。

 

従って、再応募するときは「前回との違い」(スキル・経験・理解度)、
「それらをどう企業に生かしたいか」「どうしてもその会社に勤めたい理由や気持ち」等を
アピールした応募書類を作る必要があります。

 

実際、このような行動を起こし、一度不採用になった企業に再度応募し、
採用を勝ち取ったケースもあるので、一度の失敗で諦めるのではなく、そこからどう動くかが大切になるのです。

 

転職エージェントのランキングはこちらです。