MENU

※おすすめの転職支援サービスの詳細はコチラ!※


 ▼完全無料!転職成功実績NO.1▼


転職サイトの「スカウト機能」を有効利用するために知っておきたい仕組み

 

転職サイトの多くで備わっている「スカウト機能」。

 

スカウト機能とは、企業側の要望にフィットする転職希望者へアプローチをするための機能です。

 

企業や転職エージェントが登録者の
プロフィールや職歴、スキル、レジュメ等を見て、要望に合う人材にオファーを送ります。

 

ですから、この仕組みを理解することで向こうからのアプローチ率が上がり、
あなたにぴったりの転職先が見つかる可能性がアップします。

 

そこで今回は、転職サイトのスカウト機能を有効利用するために
知っておきたいスカウト機能の仕組みについてご紹介します。

 

転職サイトのスカウト機能の正しい使い方

 

スカウト機能のある転職サイトの場合、
登録後に「企業からのスカウトを受け取る」等の項目があり、オン・オフを選ぶことができます。

 

これをオンにすることで企業や転職エージェントが
求職者の情報を閲覧できるようになります。

 

これがスカウト利用の第1歩です。

 

名前や勤務地等の個人情報は公開されませんし、
職歴に関しても設定により社名非公開とできるためご安心ください。

 

スカウト機能をより効果的に使うためには、情報の充実が必要です。

 

スキル等を含めたレジュメの精度、個人の性格など(転職サイトによって様々な付属のサービスがあります)、
企業側に自分をアピールするためにも丁寧に記入をし、随時更新していくようにしましょう。

 

スカウト機能をオンにすることで、企業側からオファーメールが送られてきます。
そのメールの内容により応募するかを判断しましょう。

 

応募したい場合は返信メールを送りましょう。

 

その際、オファーへの感謝の気持ちと応募の意思表示、
さらにその理由をつけ加えるといい印象を与えることができます。

 

応募しない場合は返信は不要です。

 

転職サイトのスカウト機能の注意点

 

スカウトと言っても、求職者に非常に有利なオファーばかりではありません。

 

それは、オファーの中にいくつかの種類があるからです。

 

リクナビNEXTを例に挙げると、
オープンオファー、興味通知オファー、プライベートオファーの3種類のオファーがあります。

 

「オープンオファー」とは職歴一致などの理由により、
求職者1人1人の情報を確認せずに大量送信されるオファーのことです。

 

一方、残りの2つは情報を確認して送られてくるものですが、

 

プライベートオファーの場合、書類選考免除や面接確定などの特典がついたり、
企業側からの要望を踏まえた上で転職エージェントが選んでいる場合が多いため、
採用確率がやや高くなる傾向にあります。

 

興味通知オファーは「あなたに興味がありますよ。あなたはどうですか?」くらいの位置です。

 

ですから一概にオファーと言っても、それぞれに意味があるので
オファー=書類選考免除、面接確定、採用確定ではないことをしっかり覚えておきましょう。

 

また、オファー内容をリクナビNEXTのように区分していない転職サイトもありますので、
その際はオファー内容で判断するしかありません。

 

転職エージェントのランキングはこちらです。